洗面台のポイント

洗面所は身支度を整える場所ですが、化粧室としての機能の面から見るとスプレーや髭剃り、化粧品など小物がさっと使えると便利ですよね。目に見える収納の他にも、壁に埋め込み収納庫をとりつけると、少し使用頻度の低いものも取り出しやすく何がどこにあるのか見えるので便利です。
しょっちゅう使うわけではない買い置きした備品・タオルなどは、高い場所にあるつり戸棚や奥行きの深い収納を利用するなど工夫して収納を確保しましょう。

次に注意したいのが洗面台の高さです。高めだと洗面時に腰を曲げずにすみ、楽に感じるのですが、高すぎると水がひじを伝って床に滴り落ち不快です。洗面台の高さは身長165センチのひとで80センチ程度が目安と考えましょう。
また洗面台のリフォームの際は、家庭用コンセントを取り付けるのをお忘れなく。だんだん増えていくことを考慮して少し多めにつけると安心ですね。リフォームはコンセントの位置の変更や増設のチャンスになりますのでよく検討しましょう!

洗面所に洗濯機がある場合や家事室としての機能をあわせて考えましょう。明るい照明で汚れを見やすくしたり、洗剤類などの置き場所、干し場への移動の動線なども考えプランを練るといいです。洗剤などのストックをしまう床下収納を作るとスペースの節約ができますね。家事全般をスムーズに行うために通路の確保も大事です。

浴室編でも記述しましたが、脱衣所として、冬でも暖かく利用できるような工夫が大事です。ヒートショックによる事故が起きないようヒーター用に低い所にコンセントをつける、空調器具をつけるなどしてみましょう。

足ふきマットがあっても何かと水にぬれやすい場所ですので、腐りにくい床、かびにくい壁材などを選びましょう。洗面所の床材は水に強いクッションフロアや耐水フローリング、コルクなどが適しています。壁には湿気を吸い取る機能がある珪藻土やエコカラット、防カビ機能がある建材を検討してみましょう。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 042-728-5301 受付時間: 10:00-19:00 
定休日: 毎週水曜日 第一火曜日

リフォームライブラリー

リフォーム対象エリア

東京都(町田市、多摩市、稲城市、八王子市、狛江市、調布市、三鷹市、府中市、日野市、国立市、世田谷区) 神奈川県(相模原市、厚木市、大磯町、寒川町、平塚市、茅ヶ崎市、藤沢市、座間市、海老名市、綾瀬市、大和市、横浜市、川崎市、逗子市、伊勢原市、鎌倉市) 千葉県・埼玉県(ご相談下さい。)

お問い合わせ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.