トイレのポイント

トイレの扉は狭い廊下から入ることを考えて幅が狭く作られていることも多くあります。となると、歳をとったときにスムーズな出入りが難しくなる可能性があるのです。
トイレリフォームの際には、ドアの形を見直し、できれば引き戸にしましょう。ドアだけでなく、敷居などの段差はなくし、ドア前のスペースも広めに取っておきましょう。将来、人に支えられたり、車椅子で出入りするときに動きやすくなります。

手すりがないと立ち上がるときにペーパーホルダーを支えにしてしまうなど、さほど耐久性の無いものを代用すると事故や破損の原因になります。将来に備え手すりをきちんとつけると良いでしょう。ただ、狭いトイレの場合は身動きするのにかえって手すりが邪魔になってしまうことがあるので普段は折りたんでしまっておけるタイプの手すりを取り付けておくと便利です。

トイレは清潔が一番ですよね。常に綺麗であるように掃除しやすい便器や建材を選びましょう。便器は汚れがたまらないふちなしの形状だったり、防汚加工されたものなど各メーカーから様々なものが出ています。
また、床や壁に使う建材も大事です。床を通常のフローリング材にすると染みができたり変色するなど困ったことになるので、アンモニアや薬品に強いタイプを選びましょう。具体的には強化ウレタン仕上げのコルク材やクッションフロアシート、トイレ専用タイルなどです。壁には消臭機能がある壁紙、珪藻土などの機能性壁材を使用すると快適になるでしょう。

トイレにも小物を多く置くことがありますよね。掃除用具やペーパー、衛生用品などの収納スペースが必要です。ただでさえ狭いトイレですから不用意に収納ボックスをとりつけると邪魔になってしまいます。その小物をいつ使うのか、使用するときの体勢や頻度を考え、壁の厚みを利用した収納スペースや台をつくるなど工夫してみるといいでしょう

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-561-463 受付時間: 10:00-19:00 
定休日: 毎週水曜日 第一火曜日

リフォームライブラリー

リフォーム対象エリア

東京都(町田市、多摩市、稲城市、八王子市、狛江市、調布市、三鷹市、府中市、日野市、国立市、世田谷区) 神奈川県(相模原市、厚木市、大磯町、寒川町、平塚市、茅ヶ崎市、藤沢市、座間市、海老名市、綾瀬市、大和市、横浜市、川崎市、逗子市、伊勢原市、鎌倉市) 千葉県・埼玉県(ご相談下さい。)

お問い合わせ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.